国立市 庄司会計事務所 (合同会社みらいスコープ)

経営における「古典的現実主義」とは??

学ぶべきは「古典的現実主義」

(雑誌「選択2023年8月号」)

—————————

国際外交の世界には「古典的現実主義」という言葉があるそうである。

外交における「古典的現実主義」とは、いくつかの視点と認識からなっている。

—————————

まず第一に「人間社会は不確実性と緊急対応から逃れられない」という厳然たる事実があげられる。

ケインズは「人類の歴史の最大の法則は、それが予見不可能だということ」であると述べたそうだが、これは現実社会において経営者が直面する問題にも共通している。

なぜなら現代における企業経営において、経営者を悩ませる最大の事柄は、将来が予見できないということだからである。

この不確実性に起因して、常に緊急かつ最善の対応を迫られる経営者は、当然この不確実性から逃れることはできず、正に「古典的現実主義」に従って生きていかなければいけない。

—————————

第二に「世の中には解決できない事柄がある」というある種の諦観である。

これは完ぺき主義の反対、脱完ぺき主義の考え方でもある。

この諦観に対する対応は「解決できない問題は管理、制御する」という現実主義的対応となり、これはまさに経営における「リスク管理」に相当する。

すなわちリスク管理とは、起こりうるリスクを撲滅することではなく、想定しうるリスクを管理し、制御することによって被害を最小限に抑えるべき考え方である。

というわけで、わたしたち経営者は、まさに「現実主義的対応」をすることで、この複雑怪奇な現代社会を生き抜かなければならないのである。

関連記事

  1. 【所長コラム】業績確認のポイント②

  2. 【新型コロナ】最新緊急対策情報まとめページ【まずはこちらをご…

  3. 「事業承継」の2本の柱-「経営権の承継」と「営業権の承継」

  4. ゼロゼロ融資や社保猶予などコロナ特例終了、資金繰りの崖

  5. 第8回「将軍の日」を開催しました!

  6. 【セミナー】第23回「将軍の日」を開催しました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。