国立市 庄司会計事務所 (合同会社みらいスコープ)

【所長コラム】業績確認のポイント②

「未来の数字」とはなんでしょうか。

20年くらい前まで経営計画が、
過去の延長線上で作成できた時代がありました。
「昨年100万円売り上げが伸びたから、今年も100万円伸びるだろう」
こんな感じで売り上げ計画を立てることができました。
これを「未来の数字」と呼んでいました。

今はどうでしょうか。
社会も経済も国際情勢も極めて複雑で予測不能な現代を
最近は「VUCA」と表現しています。
このような時代の「未来の数字」とは、
自ら設定した理想の将来像に基づく「未来の数字」をいいます。

続く

関連記事

  1. 【セミナー】第12回「将軍の日」を開催しました!

  2. 【しょうじ会計が選ばれる理由】有限会社 芳友 代表取締役 高…

  3. 事業承継をとりまく現状

  4. 【新型コロナ】政府・行政機関支援策まとめ【5/23更新】

  5. 【新型コロナ】納税猶予の基礎知識【4/25更新】

  6. 【セミナー】第13回「将軍の日」を開催しました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。